住宅ローンの申し込みに必要な書類

住宅ローンの申し込みには、様々な書類が必要になります。

そして不動産会社や金融機関から必要書類の一覧表をもらえるはずですから、事前にきちんと用意しましょう。

書類の中には「発行日から1ヶ月以内のもの」というものがあります。

発行日から1ヶ月以内の書類とは、住民票と印鑑証明書です。

これらの書類は、書類の発行日にも注意しましょう。

書類の中には不動産会社が用意するものありますので、自分で用意するものは何かきちんと確認しましょう。

住宅ローン申し込みに必要な書類

1.住宅ローン申込書
2.住宅ローン保証委託申込書
3.住民票の写し(連帯保証人、連帯債務者含む)
4.印鑑証明書(連帯保証人、連帯債務者含む)
5.所得証明書

サラリーマン → 前年の源泉徴収票、住民税決定通知書など
自営業者など → 過去3年分の確定申告書、過去3年分の納税証明書

6.健康保険証のコピー
7.団体信用生命保険加入申込書兼告知書兼同意書
8.購入物件関係書類

売買契約書
建物確認通知書
重用事項説明書
物件パンフレット
建物の平面図
公図または実測図
土地登記事項証明書
建物登記事項証明書
固定資産税評価証明書

一戸建て住宅の場合は、マンションに比べて不動産関係の書類が多くなります。

不動産関係の書類は後日にすべて返却されますので、紛失しないようにきちんと保管しておきましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ