自営業者が住宅ローンを組む方法

自営業者は公務員や上場企業勤務者に比べて、住宅ローンが組みにくいと言われています。

それは金融機関が、自営業者は安定性に欠けると判断しているからです。

しかし自営業者でも金融機関の特性をきちんと理解すれば、住宅ローンは組むことができます。

自営業者の方は、下記の点に留意してから住宅ローンを申し込むようにしてください。

・過去3年の年収を安定させる
・頭金を多めに用意する
・借金など事業の借入資金をなくす

金融機関がもっとも重視するのは、高い年収ではなく継続した安定性です。

ある年は年収がとても高く、ある年は年収がとても低いというのを、金融機関は嫌います。

ある年の年収が高いからといって、何千万円もの借入れが返済できるわけではありません。

どのような職業の人でも何十年にわたって返済を続けるのですから、毎年年収が安定していることがもっとも重要なのです。

だから自営業者の人は、年収の乱高下を少なくして安定させることを心がけてください。

金融機関は過去3年分の確定申告書を見て判断しますから、確定申告の所得金額を安定させるようにしてください。

住宅ローンの利用を検討するなら、利益を削って節税するというような対策は、3年ほど控えた方がよいでしょう。

住宅ローンの審査が終わってしまえば、また元のように節税に努めても大丈夫です。

店舗併用住宅は要注意

住宅ローンは、住居として使うからこそローン利用が認められます。

そして自営業者の方は、店舗と住居が一体となっているケースがよくあります。

このような場合は、店舗部分は住宅ローンの利用が認められませんので注意してください。

また店舗併用住宅で住宅ローンを利用する場合は、住居部分が総面積の2分の1以上ある、住居と店舗がきちんと区別されているなどの条件をクリアしなければなりません。

細かい条件につきましては、各金融機関に直接確認をしたほうがよいでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ