抵当権の順位とは

  住宅ローンを契約して金融機関に抵当権を設定してもらった方は、不動産の権利証に

  「1番抵当権設定

という文字をみつけることができると思います。

  このときの「1番抵当権設定」の「1番」とは、いったいどんな意味があるのでしょうか?

  それを理解するには日本民法の大原則である

  「債権者平等の原則

を知る必要があります。

  たとえばAさんが、Bさんから100万円、Cさんから100万円を借りていたとします。

  AさんはまずBさんからお金を借り、その1年後にCさんかお金を借りました。

  そしてAさんはとうとうお金が払えなくなって、自己破産することになりました。

  このときAさんの所持金は120万円しかありませんでした。

  BさんとCさんは少しでもお金を取り返そうと、120万円を2人でわけることにしました。

  このときBさんはこう言いました。

  「私のほうがAさんに先にお金を貸したんだから、まず私が100万円を返してもらって、残りの20万円がCさんの分だ。」

  するとCさんはこう言いました。

  「私だってAさんに100万円貸したんだ。Bさんばかり多く返してもらうのはずるい!」

  さて、BさんとCさんのどちらが正しいのでしょう?

  答えは、Cさんです。

  この場合Bさんは120万円の半分の60万円、Cさんも120万円の半分の60万円を返してもらうことができます。

  お金を貸した時期に関係なく、債権者はみんな平等という意味です。

  これを民法では「債権者平等の原則」といいます。

  もちろん貸した金額の大きさで、返してもらう金額に差はつきます。

  つまり、お金を返してもらう順番は、全員同じ、ということです。


  ところが住宅ローンでお金を貸した金融機関は、自分たちが優先でお金を取り返したいと考えます。

  しかし債権者平等の原則に従うと、万が一の時に取り返せるお金が少なくなってしまいます。

  そこで抵当権を設定するときに、「1番」という順番をつけて法務局へ届け出ます。

  こうすれば、債権者平等の原則の例外となります。

  そして、住宅ローンを払えなくなった時、金融機関が1番にお金を取り返すことができるわけです。

  ちなみに「1番」という番号が先に入ってしまうと、他の金融機関は「1番」の金融機関の承諾がない限り、「1番」という番号はつけることができません。

  仕方なく「2番」という番号をつけます。

  この抵当権についた「1番」とか「2番」のことを、抵当権の順位と言います。

スポンサードリンク

このページの先頭へ