家を建てるときの住宅会社の選び方

住宅会社というのは、次の3つにわけることができます。

1.大手ハウスメーカー
2.フランチャイズ系
3.地元密着の中小工務店

そしてそれぞれに特徴がありますので、その特徴をよく理解してください。

1.大手ハウスメーカーの特徴

→ 品質は安定しており、工事時間は短い
→ 広告宣伝が多いため、ブランド力がある
→ 最新技術の導入が早い
→ 中小企業に比べて倒産の危険性は低い
→ 家の値段は高い
→ 企画が決まっているため、柔軟性に欠ける


2.フランチャイズ系の特徴

フランチャイズ系とは、建設会社のノウハウをもらってブランド加盟したところです。
地元の酒屋さんが、セブンイレブンに加盟してコンビニをやるようなものです。

→ ハウスメーカーの企画を利用するため、デザイン力は一流メーカーと同じ
→ 地元の工務店であるため、細かい注文の融通が利きやすい
→ ハウスメーカーに比べてそれほど安いわけではない


3.地元密着の中小工務店の特徴

→ 地元密着のため、細かい要望によく応えてくれる
→ 倒産しない限り、末永くアフターサービスに応じてくれる
→ 価格は安い
→ 工務店によって品質はバラバラ


だいたい多くの方は、まずは大手ハウスメーカーから検討を始め、いろいろ検討するうちにフランチャイズ系にも興味を持ちます。
地元密着の中小工務店を検討する方は、地域や仕事でつながりがあるという方が多いようです。

地元密着の中小工務店を検討する場合は、口コミ情報をよく集めてみるとよいでしょう。

もしよい評判ばかりでしたら、掘り出し物の工務店からもしれません。
どの住宅会社にも一長一短はありますので、自分のライフスタイルにあわせて検討してみてください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ